支援メニュー

支援メニュー

優遇制度創業がイメージできた!

 創業を検討中の方を対象にした優遇制度がありますのでご活用ください。

産業競争力強化法に基づく特定創業支援事業

 現在、国が定めた産業競争力強化法に基づく創業支援が行われています。市町が地域の創業支援事業者(認定経営革新等支援機関、地域の経済団体、金融機関、士業、NPOなど)と連携して創業支援事業計画を定めて行う「特定創業支援事業」を受けると、さまざまな支援を活用できます。

支援1

創業前の方が株式会社を設立する際の登録免許税が半額になります。
株式会社を設立する場合、資本金の0.7%の登録免許税が0.35%に、最低税額15万円が7.5万円になります。

支援2

創業融資を受ける際の公的な保証として利用できる、無担保・第三者保証人なしの創業関連保証の枠が、1,000万円から1,500万円に拡大されます。

支援3

創業2カ月前から対象となる創業関連保証の特例が、事業開始6カ月前から利用できるようになります。

各支援を受けるには、特定創業支援事業を受けた自治体が発行する証明書が必要になりますので、事前に各自治体の▶相談窓口にお問い合わせください。

広島県国家戦略特別区域外国人創業活動促進事業
The Program to Promote Start-ups by Foreign Nationals in the Hiroshima Prefecture National Strategic Special Zone

 「広島県・愛媛県今治市国家戦略特別区域」の区域計画に基づき、外国人創業人材の受入れに係る出入国管理及び難民認定法の基準を緩和し、広島県が、創業活動に係る事業の計画が適正かつ確実であること等の確認を行うこと等により、創業外国人上陸審査基準を満たす外国人の上陸を可能とし、広島県内における外国人による創業活動を促進しています。

This program aims to promote business start-up activities by foreign nationals in Hiroshima Prefecture by making it possible for foreign nationals who fulfill standards as prospective start-ups to enter Japan, through procedures taken by the Hiroshima Prefectural Government (hereinafter "HPG") including confirmation that the business plans for start-up activities are appropriate and reliable.

ページトップへ戻る