女性創業者リレーコラム

女性創業者リレーコラム

女性創業者リレーコラム

 「女性創業者が語る創業の魅力」をテーマに、女性創業者の視点から見た創業の魅力や苦労などを、県内で活躍する女性創業者の方々に続々と語っていただきます。

仕事は創るもの

神垣あゆみ企画室 神垣 あゆみさん

神垣 あゆみさん「創業」は業(仕事)を創ると書きます。仕事は自分で創るもの。フリーランスの場合は特にその意識が必要と思っています。

私の場合はメールマガジンの配信がその一つでした。フリーランスになった当初、情報誌などの紙媒体で請け負う仕事で署名記事を書くチャンスは多くはありませんでした。それなら、自分の媒体を持てば、自分が書いた記事を広くアピールできる、と考えました。自分の記事を読んで知ってもらうための、言ってみればショーケースとしてメルマガを活用しようと創刊しました。
ビジネスメールをテーマに、その書き方や心得、文例などを紹介するメルマガを2005年から始め、今日まで3200号あまりを配信。約7500人の読者を持つ媒体に育ちました。
メルマガの配信がきっかけとなり、20~30代のビジネスパーソンに向けたメール対応の書籍を刊行する機会を得、出版された著書は8冊を数えます。それに伴い、企業でビジネスメール対応の研修や講習をする機会も増えました。
著書も出版社からの依頼に沿うものばかりではなく、自分から企画・提案したものもあります。大和言葉の書籍の編集協力がきっかけで大和言葉に興味を持つようになり、ビジネスメールに大和言葉の言い回しを取り入れた書籍「仕事で差がつく言葉の選び方」は自分で企画を提案し、出版された書籍です。

自分が書くばかりでなく、人が書いたものを書籍にする仕事も始めています。食をテーマに世界を巡った花井綾美さんの旅行記「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」がそれです。著者と出版社に企画を提案。企画が採用されてからは編集を担当し、著者が旅先で撮影した写真をふんだんに掲載した1冊になりました。自分が読みたい本、ぜひ書いてほしいと思う人物の本を今後も企画・編集していきたいです。

メルマガという自分のメディアを持ち、人の役に立つ情報を発信することが書籍化につながり、講師業へと発展。著書を刊行した経験は、人の本を企画・編集することにつながっていきました。順調にいくことばかりではありませんが、試行錯誤した時間や苦労も全て無駄にはなりません。自ら創る仕事の面白さと醍醐味、ぜひ味わってみてください。

仕事で差がつく言葉の選び方

会社情報

事業所名 神垣あゆみ企画室
所在地 〒730-0042 広島市中区国泰寺町1-9-27-802
連絡先

TEL:090-8602-9978

ホームページ http://www.kamigaki.jp/
事業内容

書籍の企画・編集、ブックライティング
人物取材
企業出版物・出版物の制作
執筆代行

ページトップへ戻る