創業するということは、一緒に働く人を自分で選べるということ。
ラクサス・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長

児玉 昇司さん

  • PROFILE
  • 2006年にエス株式会社を設立するまで、3度の起業を経験したという児玉社長。創業メンバー4人でスタートした同社は、いまやスタッフ58人を抱える企業にまで成長。「世界中に笑顔を」という理念の下、各種ECサイトの企画・開発・運営やアプリの企画・開発を中心に、ユニークな着眼点のサービスを数多く市場に発信している。
    2017年1月11日 エス株式会社よりラクサス・テクノロジーズ株式会社に社名を変更。

ひろしまでの創業のポイント

広島から、全国に向けたイノベーションを実現。

チャンスは1回だけではない。失敗も成功のアイデアになる。

広島は、面白いことに挑戦する会社に好意的。

「借りる」という選択肢の追加で、
ビジネスの可能性はさらに広がる!

 これまで当社ではさまざまなウェブ関連サービスを開発・提供してきましたが、いま最も力を注いでいるのが、新たなシェアリングサービス「ラクサス」です。これはルイ・ヴィトンやグッチ、エルメスなどハイブランドのハンドバッグが、月額6,800円で使い放題というサービスで、スマホのアプリなどから気軽に登録・予約することができます。
 当初、企画段階では「洋服をシェアしてみてはどうか?」という意見も出ていたのですが、洋服ではサイズやカラー、好みなどユーザーによる変数要素が多く、クリーニングなどの経費を考えると、利益率もあまり見込めない。それならブランドバッグにしようということで、現在のシステムが出来上がりました。
 もちろん企画段階では、「借りてまでブランド品を持ちたいか」といった懐疑的な声も上がりましたが、われわれとしては、高くて買えない人のために、このサービスを企画したわけではありません。これまでは「買う」という選択肢しかなかったところに、「借りる」という選択肢を追加したい。そうすることで、ユーザーの概念にイノベーションが起こせるのではないかと考えたのです。
 現在、欧米を中心にシェアリング・エコノミー(共有経済)という考え方が広がりつつありますが、これは間違いなく日本でも台頭する流れです。しかし、その流れをつかむには、まずは「借りる」という選択肢があることをユーザーに認識してもらうことが必要です。そうした意味でも、当社の「ラクサス」には、これからのシェアリング・エコノミー時代を切り開くサービスに育ってほしいと考えています。

成功するための秘策というより、
失敗の確率を下げるために知恵を絞る。

 実を言うと、私は現在の会社に至るまで、3度の起業を経験しています。いろいろ失敗も経験してきたわけですが、起業を考えている方からよく聞かれるのは、「成功するには何をしたらいいのですか?」という質問です。100%と言っていいくらいにこの質問を受けますが、私としては「成功する方法より、失敗する方法ならいくらでも教えてあげられるんだけどな……」と内心苦笑いしています。
 しかし違った見方をすれば、失敗の確率を下げる判断ができるということでもあります。例えば、今までこうやって失敗したからここをこう変えればうまくいく、というアイデアが生まれる。ビジネスを行う上で、こうした経験値はとても大きなものです。
 創業を見据えて、成功の秘策を練っている人がいるなら、私はとにかく早くアクションを起こして、いっぱい失敗してくださいとアドバイスしたいですね(笑)。失敗しそうになったら、その都度チューニングを行えばいいのです。
 それともう一つ、自分が思い描くプロジェクトがあったら、例えば30秒ぐらいの短い時間で、その内容をプレゼンできるように心掛けておくことも大切です。誰かから協力を得るにも、伝える力はとても重要!忙しい中でもたもたしていたら、幸運はあっという間にすり抜けてしまいます。“幸運を引き寄せる30秒のプレゼン”を常に心掛けるようにしておきましょう。

挑戦する新規創業者にとって、
広島はとても好意的な環境。

 ビジネスのやりがいはさまざまですが、私の場合は、プロジェクトを立ち上げる際に打ち立てた仮説が、実際のマーケットで次々とカタチになり、検証されていく過程がとてもワクワクします。おそらく自分にとっては、“ビジネスを楽しむ=仕事のやりがい”になっているんだと思います。
 ありがたいことに、“広島”という土地は、面白いことに挑戦する会社にとても好意的です。これまで当社もさまざまな場面で取り上げていただき、たくさんの方から引き立てていただく機会を得ました。こうした周りの温かい引き立ては、やはり地元ならではのメリットですね。特に新しくビジネスを起こす人にとっては、とてもやりやすい環境だと思います。
 とはいえ、ぬくぬくとした環境には甘えも生じます。温かい環境に甘えることなく、挑戦する気持ちを忘れないようにしなければいけません。当社も、現状に満足することなく、新しいサービスをどんどん世に出していかねば……と考えているところです。課題やニーズがあって、それを解決するサービスをつくるのは成功への近道ですが、ツイッターのように、何となく「こんなのがあるといいな」というものが、あっという間に社会のインフラになるようなこともあります。われわれもそうした新たなユーザー体験を提供することで、新たなイノベーションの創造につなげたいと考えています。 

会社情報

事業所名 ラクサス・テクノロジーズ株式会社
(2017年1月11日 エス株式会社より社名変更)
所在地 〒730-0037 広島市中区中町8-18
連絡先

TEL : 082-236-3801(代表)
FAX : 082-236-3802(代表)

ホームページ http://corp.laxus.co
創業 2006年8月
従業員数 58人
業種 情報サービス業
事業内容

バッグシェアサービス「ラクサス」の運営

ページトップへ戻る