“地方は不利”という考えはナンセンス。
地元だからこそ、道が拓ける創業もあります。

  • PROFILE
  • ユニークな360度パノラマコンテンツ、『めでぃパノ』を主力商品として、精力的に販路を拡大する株式会社MEDIAS。その代表者である室﨑さんが経営者として出発したのは2015年1月のこと。技術者一筋の人生から一転、会社の顔として、新しいITサービスを広島から全国へ発信している。

ひろしまの創業のポイントひろしまでの創業のポイント

ITは、東京では埋もれやすく、広島の方が頭角を現しやすい。

HiBiSインターネットビジネスフォーラムでの受賞がチャンスに。

ダイレクトな地元のお客さまの声により、製品自体も育てられた。

数多くの企業から評価された、
360度バーチャルツアーとは?

もともと弊社では、ホームページの制作や映像制作なども請け負っていたのですが、ホームページで施設内などを紹介する場合は写真が多く、もっとインパクトのある表現ができないものかと考えていたところ、「めでぃパノ」の売りである「360度パノラマバーチャルツアー」を思い付きました。この機能を利用すれば、ホームページを訪れた人が、上下左右360度から見た空間の全景から好きなポイントを拡大でき、空間を隅々まで確認すると同時に、そこから情報を受け取ることもできます。
 実はこうしたサービスは、20年ほど前からアップル社で作られていたのですが、当時はインフラ環境も十分ではなく、カクカクした映像でストレスを感じるものでした。それが近年、インフラ環境が整備されたため、「やるなら今だ!」と考えてこの分野のサービスに取り組みました。
 そしてその成果をHiBiS(広島インターネットビジネスソサエティー)が主催する「インターネットビジネスフォーラム」で発表したところ、2012年に「優秀ビジネス事例賞」を受賞しました。さらに翌年、弊社がプログラムを組んでコンテンツを制作する改良版を発表すると、「最優秀ビジネス事例賞」「中国総合通信局長賞」「NICT賞」の3件を受賞しました。結局、その受賞がきっかけとなって、県内外の企業からお問い合わせを受けるようになり、実際に導入されたお客さまから高い評価をいただくこととなりました。

いきなり訪れた経営者デビュー。
支えとなったのは、地元のサポート。

 創業は2004年ですが、私が代表取締役に就任したのは2015年の1月のことです。前任者から会社を譲り受ける形で、経営者デビューすることになりました。それまでは技術者一筋の道を歩んできたので、経営者としての知識はもちろん、心構えも皆無でした。
 主な業務は「営業・技術・経営」の3本柱です。私を含めて4名という小さな会社ですから、それぞれが業務を兼任しながらフル稼働で働いています。「経営面」は社長である私が担うにしても、一人でやることには限界があります。会社を譲り受けてからは、「営業面」は全幅の信頼を寄せる社員たちに任せ、私は「技術面」と「経営面」に専念するようにしました。
 経営者としてはゼロからの出発ですから、経営面の知識や数字の見方などは、取引のある銀行や税理士さんに教えていただきました。監査役となった前社長からも、補助金や助成金などの情報を提供してもらい、運営に役立てています。周りに必ず助けてくれる人がいるというのは、やはり地元ならではの強みですね。ビジネスフォーラムで賞をいただいたのも、地元の皆さんの期待の表れだと思っています。実際、賞をいただいたことで、全国区の企業にも目をかけていただき、仕事をいただくきっかけを作ってもらいました。

IT市場は東京8割、地方が2割。
そのデメリットを逆手に取る。

 よくITでのマーケットの割合は、「東京が8割、地方が2割」と言われます。普通に考えれば、東京でビジネスを起こす方が有利ですが、経営者となった今では「必ずしもそうではない」と感じています。私どものサービスは地元で評価をいただき、「起業家万博」などにも出場させてもらい、そこで大きなビジネスチャンスを手にすることができました。8割の中で埋もれてしまうよりは、2割の中で頭角を現す方がチャンスがあります。今ならオンラインで仕事をやり取りする仕組みが構築できるので、地方のデメリットを心配する必要も以前ほどありません。特にIT事業の場合は、地方での起業に大きな可能性を秘めていると言えるのではないでしょうか。
 サービスをご利用いただいている地元のお客さまに対しても、私は「育てていただいた」という感謝の思いを抱いています。「360度パノラマバーチャルツアー」は映像が格段に美しいことが特徴ですが、ある住宅メーカーの社長さまから直々に「これは見たい人のことをすごく考えて作ったシステムだね」とお褒めの言葉をいただきました。そうした声が聞けたのも、実はそれまでに、画質や見え方にとても気を配る美術館などでお仕事をさせていただき、いろいろなご意見を頂戴した結果なのです。
 いつ起業しようかと悩んでいる方がいるなら、私は「チャンスはいつでもある」とアドバイスしたいですね。大切なのはタイミングの見極めと、ITなら普段から海外のサイトをチェックするなど、常にアイデアの発掘を心掛けることです。前向きに努力していれば、きっとチャンスは訪れます。

会社情報

事業所名 株式会社MEDIAS
所在地 〒733-0834 広島市西区草津新町1丁目21番35号広島ミクシス・ビル 4F
連絡先

TEL : 082-501-5096
FAX : 082-501-5097

ホームページ http://www.md-s.jp/
創業 2014年12月
従業員数 4人
業種 情報サービス業
事業内容

・360度パノラマ「バーチャルツアー」の開発、販売
・映像コンテンツ、各種Webシステムの開発、運用業務全般 等

ページトップへ戻る