“自分だけでなく、みんなで良くなろう!”
そう思う気持ちが「創業」には大切。

  • PROFILE
  • 飲食店やグルメ記事を得意とするライターとして、地元・呉をベースに活動を展開。ライター業だけでなく、企業PRのためのイベント企画や、SNSを活用した広報コンサルティングなども手掛け、広報活動の相談役として企業から厚い信頼を寄せられている。事業面では5年前にOffice Unite☆Unitを設立。

教えて先輩!創業でつまずくポイント、乗り越えるコツ その1
考え過ぎは禁物。勇気を出して最初の一歩を踏み出そう。

創業者としての覚悟を背負うために、
2014年に個人事務所を設立。

 もともとはフリーランスのライターとして1994年から活動していたのですが、看板を背負う覚悟を決めなくてはと思い、2014年に個人事業主として、事務所を設立。やっていること自体は大きく変わらないのですが、やはり「信頼」という面では、お客さまの印象が違いますね。私自身も事業主としての自覚がさらに深まったことで、プロとしてより高質なサービスを提供する意識が日々高まっているように感じています。
 昨今の若い方たちは情報もしっかり収集していますし、勉強もよくしています。事業を起こすにしても、“正解”を知ってやろうとする方が多いのではないでしょうか。もちろんそうした姿勢は悪いことではないのですが、勉強し過ぎて最初の一歩が踏み出せなくなっていたり、正解にとらわれ過ぎてかえって視野が狭くなっていたりといった場合も多いようです。
 それに比べると、私自身の創業事例は、かなり流れに任せたものだったように思います。そもそもフリーランスになったのも家事や子育ての両立に都合が良かったからで、やりながら自分で事業を行う面白さや難しさを経験と共に学んできました。実績を重ね、多くの出会いに恵まれたおかげで、ライターとしての付加価値の追求、言い換えると自分自身のブランディングなども明確にすることができました。ですので、これから創業を目指す若い方たちには、あまり考え過ぎずとにかく創業デビューを飾ってみることをお勧めします。私自身、創業してみて初めて分かったことがたくさんありました。脳内でしっかりシミュレーションしてから創業するのもよいですが、体験に勝る学習チャンスはありません。創業にこれだけは欠かせないというものがあるとしたら、それは自分自身の看板を掲げる“覚悟”のみ! 個人的には考えることに時間を費やすよりも、実践の中でノウハウを磨く方がより有意義だと感じています。

教えて先輩!創業でつまずくポイント、乗り越えるコツ その2
ブランド価値の低下を招く安売りは、むやみにしない。

地元・呉をベースに多くの人とつながりたい!
「Office Unite☆Unit」という社名に込めた思い。

 私のライターとしての強みは、地元・呉に密着した取材活動を通して築いたネットワークです。さらに本業のライティング作業だけでなく、PR企画や広報コンサルティングといったサービスも合わせて提供できるところにあります。得意とする分野は主に飲食業。フードアナリストの資格を持ち、年間1,000件以上の飲食店のリサーチや取材をするため、業界のトレンドや気になるニュース、成功しているビジネスモデルなどが、必然的に「情報」として私の中にストックされています。そこから、クライアントが欲しい最新情報を提供できますし、その情報をどう使いこなすかといった「情報リテラシー」も提示することができます。
 たまに、無償で情報を聞こうとされるお客さまがいらっしゃるのですが、私の中ではフランクにお教えできる情報と、ビジネスとしてお教えできる情報の間には、明確なラインが引かれています。創業当初はそのラインがうやむやで、顧客確保のためにあえて無料で提供することもありました。しかし報酬を要求しない仕事は、アマチュアの仕事とみなされても仕方ありません。結局は自分の商品価値を下げることにもつながるので、今はきちんと収益に見合う報酬を受け取って、お客さまの期待以上のパフォーマンスを提供するよう努めています。
 事務所を立ち上げた時、会社の名前を「Office Unite☆Unit」にしました。そこにはお客さまはもちろん、いろいろな人や企業とつながることで、みんなで良くなっていけたらいいなという願いが込められています。事業を行っていく上で大切なのは、自分だけでなく、みんなで良くなろうという気持ちです。その気持ちがないことには、自己完結する事業ばかりで、外に広がっていかないのではないでしょうか。多くの人たちとつながるからこそ、化学変化が起こり、ビジネスの可能性が広がるのだと思います。

教えて先輩!創業でつまずくポイント、乗り越えるコツ その3
良いと思ったら即行動! 事業成功のコツはスピード。

大きな会社がなかなか決断できないことも、
自分の事業なら思い切って挑戦できる。

 私が考える創業の魅力は、ビジネスにおいても仕事のやり方においても、自分で素早く判断できて、自由に舵取りできる点ですね。例えば、以前ある会社に所属してSNSを活用した広報コンサルティングを行う事業を立ち上げようとしていたのですが、収益の上がるビジネスモデルとして確立できませんでした。しかし、事業を丸ごと譲渡してもらうというチャンスをいただき、現在に至っています。
 新しいことを始める際、大きな会社になると、なかなか決断できないこともありますが、その点、自ら事業を行っていると決断も早いですし、舵取りも自由自在です。もちろん、うまくいかなかった時は誰のせいにもできません。でも誰よりもチャレンジしやすい環境にあることは、自分で事業を起こした者の特権です。それは言い換えると、人生を自分の手で舵取りしているという実感にもつながるのではないでしょうか。人生をしっかり生きるためにも、ぜひ若い方たちに「創業」という選択肢を持ってほしいなと思います。
 自分の経験から言うと、若いうちは立ち止まって考えているよりも、歩き出し、つまずきながら成長する方が、経営者として確実に成長できると思います。それに勇気を出して歩き出せば、同じような目的を持った仲間とも出会えるし、手を差し伸べてくれる創業の先輩にも出会えます。最近では、副業を容認する企業もちらほら出てきているようですから、場合によっては、会社に勤めながら創業するといったこともできるかもしれません。いずれにしろ、看板を上げたからには、覚悟を持って創業の道を進んでほしい! そして自分だけでなく、つながった人、企業の全てを良い方向へ導ける仕事をしてほしいですね。

会社情報

事業所名 Office Unite☆Unit
所在地

〒737-0003 呉市阿賀中央3-2-16-11

連絡先

TEL :0823-76-1230

ホームページ http://www.so-so.co.jp/member/urayama_y/
創業 2014年1月
従業員数
業種 その他サービス
事業内容

グルメライター、編集。企業PR、イベント企画。SNS広報アドバイザー・コンサルティングなど。

ページトップへ戻る