- 返信フォーム(この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)

  • お名前(ニックネームも可)
  • タイトル
  • メッセージ
  • 参照先
  • 画像UP
  • 暗証キー (英数字で8文字以内)※記事の修正・削除を行う際に必要です。
  • 投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー

- 返信元の内容

  • 記事No :63
  • タイトル :Re: 起業する際について
  • 投稿日 : 2018/01/29(Mon) 19:13:57
  • 投稿者 :阿須賀芳恵
  • 参照元 https://www.facebook.com/kigyojyoshi/
  • メッセージ
    > それぞれ、メリット・デメリット(会社設立費用がいらないとか、法人じゃないので信用力がないとか)があると思いますが、皆さんは、どのような形態で起業したのでしょうか。
    > また、その形態で起業したのはなぜかなど、お聞かせください。

    こんにちは。
    法人化するのがいいかどうかは、業種業態によると思います。
    個人の顧客を相手にするビジネスの場合、無理に法人化する必要はないので現状で飲食店や美容院など法人化されていないところも多くあります。
    BtoBでの事業を考える場合で、その内容的に個人では契約上困る(登記簿を提出できないので住民票を出すことになるとか)場合は法人化されたほうがいいと思います。
    しかし、たとえばいわゆる「士業」の方は個人でされている方も多いので、一概には言えません。
    法人化すると、設立費用や法人税、人を雇用する場合などで個人とは変わってくる点も多いので、事業内容に応じて検討されるのがいいと思います。
    創業の相談窓口で相談されるといいと思います。

    私自身は、個人事業主としてもう18年目です。契約上で法人格が必要になるときには提携できる先をもって対応しています。

- 関連一覧ツリー(開く をクリックするとツリーを一括表示します)